• 2018/05/15

タイプ別 金属3Dプリントのメルトプール

日本語 / English 金属3Dプリントでは、パウダーベッドフュージョン(PBF)タイプという、1層ずつ粉末を敷いて、レーザーや電子ビームを 当てて溶かしていくタイプと、ダイレクトエネルギーデポジション(DED)タイプという、粉末を吹き付けてレーザーや アークで溶かしながら積み上げていく方式の2つが主流です。   この2つの方式は、メルトプールにかかわる重要なパラメータである、スキャン速度が大きく異なっています。 例えば、レーザーを使うPBFタイプでは1m/sといった速度ですが、DEDタイプは速度が10㎜/s程度となっています。 この違いにより、適正なメルトプールの形状も異なって…続きを読む


  • 2018/05/15

Different Types of 3D Metal Printing and Melt Pools

日本語 / English In 3D metal printing, there are mainly two types of methods, Powder Bed Fusion (PBF) and Direct Energy Deposition (DED). PBF uses laser or electron beam to melt metal powder layer by layer. In DED, deposited metal powder is melted by laser or arc-beam and melted metal is added up to ma…続きを読む


  • 2018/05/01

Melt Pool in 3D Metal Printing

日本語 / English Like welding, the idea of melt pool is also used in 3D metal printing. An area where the metal powder was melted by laser and liquidated is called melt pool. This melt pool bonds upper layer and lower layer (Fig.1) ↑ Fig.1 Conceptual drawing of Melt Pool   Unstable melt pool cause…続きを読む


  • 2018/05/01

金属3Dプリントのメルトプール

日本語 / English 金属3Dプリントでは、溶接の分野と同じく、メルトプールという考え方が使われます。 メルトプールとは、レーザーがあたった部分の金属粉が溶融、液状化して形成される領域です。 メルトプールを介して上層と下層が接合され、面が形成されていきます。(Fig.1)     ↑ Fig.1 メルトプール   メルトプールが安定して形成されない場合、溶融不良による欠陥の発生の原因になります。 Fig.2は、上層にレーザーを1ラインだけ照射した際のメルトプールの断面画像です。Aにはない欠陥がBに見られます。     メルトプールの形状は…続きを読む


  • 2018/04/16

金属3Dプリントの造形パラメータと よく使われる指標

日本語 / English 金属3Dプリントには、いくつかの主要なパラメータがあります。 特に主要な4つのパラメータは、レーザー出力、スキャン速度、スキャン間隔と積層厚の4つです。   ↑Fig.1 主要な4パラメータ     これら4つのパラメータから、単位体積当たりにどのくらいのエネルギーを投入する必要があるかを計算することができます。     単位体積当たりに投入するエネルギーは、金属3Dプリントでよく使われる指標で、よく使用されている材料においては、およそ40~80J/mm^3です。しかし、材料が特殊な場合はここから大幅に増減します。 …続きを読む