最新の粉末焼結システム sPro™シリーズ / ProX™ SLS 500

  • 粉末状にした樹脂・金属材料に炭酸ガスレーザーを照射し焼結させ、一層づつ積層します。
  • 熱可塑樹脂を造形でき、最終製品としての実用がもっとも進んでいる造形方式です。
  • 航空機・ロケット・医療・特装車・産業機器では量産部品として採用されています。
  • 3Dデータがあれば、プラスチック製品、ゴム製品を最短1日で製作できます。

特徴

粉末造形機_prox500

ProX ™ SLS 500

Production 3D Printer

ワークサイズ
381×330×457mm

粉末造形機_spro60

sPro™60シリーズ

Production 3D Printer

ワークサイズ
381×330×457mm

粉末造形機_sPro140/230

sPro™140/230シリーズ

Production 3D Printer

ワークサイズ
sPro ™140:550×550×460mm
sPro ™230:550×550×750mm

対応材料

樹脂名 特徴
DuraForm® PA 耐衝撃
DuraForm® GF 剛性
DuraForm® EX PPライク
DuraForm® FLEX ゴムライク
DuraForm® HST 耐熱
DuraForm® ProX PA ProX SLS 500専用

工場見学のお申し込みはお問合せフォーム、もしくはお電話にてお問合せ下さい。
粉末造形機のお問合せはこちら
お電話 :046-408-0141

このエントリーをはてなブックマークに追加