社員メッセージ 入社2年目座談会

2018/04/03。入社式が行われたこの日、2017年入社の6名による座談会を実施しました。大阪、愛知勤務のふたりはテレビ会議での参加。
6人が揃うのは久しぶりとの事で、まずは近況報告からはじめました。


金属造形部 製造課 開発担当:神谷、金属造形部 製造課 設備担当:広松(横浜工場
営業部 営業一課:今野、製造部 製造二課 品質管理:垣本(本社大和工場
営業部 営業二課:川野(豊田工場) 営業部 営業二課:南(大阪営業所


 ― 近況報告。最近どう?



ようやく一人立ちして、お客様先へ訪問するようになりました。
まだまだ先輩に怒られる事も多いけど、元気に頑張ってます。


年明けから一人でお客様先に訪問するようになりました。車と電車で様々なお客様のところへ行ってます。


品質管理の仕事で、検査や出荷作業をしてます。最近、資格試験を受けました。


INTER-CULTUREと、営業の分析(営業活動の可視化など)を担当しています。


そういえば、INTER-CULTUREから金属3Dプリントの問合せあったよね!


そう、窓口はINTER-CULTUREからだったけど、インターカルチャーでは金属3Dプリントサービスはやってないので、SOLIZE Productsとして受けました。


同期(営業部3人)の中で一番最初に金属3Dプリント案件を受注したの今野さんだったね。


<<< SOLIZE Productsの金属3Dプリント受託サービスの詳細はこちら

社員メッセージ 入社2年目座談会

社員メッセージ 入社2年目座談会


他拠点のみんなと会うのは久しぶりだけど、川野さん、この前横浜工場に来たよね。


うん、ある金属3Dプリント案件で横浜工場に納期を調整してもらった事があって、
3回くらい謝りに行ったりしたから… 苦笑


(笑)大変だね。


そりゃまあ大変だけど、次に繋げるべく頑張ってる訳だし、最初は大変なくらいが丁度良いんですよ!(笑)


ありがとうございます!宜しくお願いします!(笑)


僕は今金属造形部で、設備の仕事をしています。


全部の造形機(3Dプリンター)の材料替えからメンテナンスまでやってるよね。

僕は先週から開発に携わってます。SOLIZE Productsでは扱ってない材料を用いて
お客様の開発支援、技術磨き…というようなことをしてます。


今日、お客様対応してたよね。


そう、初めてのお客様対応。すごい緊張した。昨日眠れなかったんだよー…。
営業さん達が色んなお客様対応してるのってすごいことなんだな、って今日実感したし、
それをやってる同期3人はすごいなって思った。


 ― 1年経って変化したところ



1年経っても課題は山積みです!毎日が忙しくていつの間にか4月に…。
移動しながら、電話しながらも仕事を回さないとなんだけど、僕はまだ立ち止まらないと出来ない。(笑)
それでも、1年前と比べて出来る様になった事はたくさんあって、大変だけどやりがいがある。色々任せてもらえるようになってきたし、一人でお客様先へ訪問してる訳だから、 責任感が変わってきた。同行時代が懐かしい…。


家事ができるようになりました。大阪へ転勤になったこともあって色々と環境も変わりましたし、
変化ばかりの1年だったので、これと言ったものは挙げにくいですね。


入社時に比べたら、緊張が解けた分、周りの人に話しかけたり質問も多くなったかな、と思う。一人だと出来ない事も多いし、抱えてちゃ出来ないままだしね。 色々聞くのが解決に繋がるな、と分かって楽しい。


自分ではあまり感じてないけど、周りの人によく大人っぽくなったね、と言われるのが嬉しい。
それと、今自分が担当してる分析の仕事は前任者がいないから、自分なりに任せてやらせてもらえる環境。そういう中でも、わからないことやつまづくことがあったら質問するのがいいな、と最近よく感じてる。


でもそれってけっこう以前からそうじゃなかった?(笑)周りの人にめっちゃ聞いてたよね。


そうかな?(笑)でも以前は、研修の枠の中での事だからちょっと違うのかな。
あとは、造形室や品質管理部屋に行くように心がけてる。ものづくりに憧れて入社したから。今基本的に自分の業務は机上で完結出来ちゃうけど、それだけではつまらないし、 きちんと「モノ」を見に行こう、っていつも思ってる。


結構頻繁に来てるよね!

社員メッセージ 入社2年目座談会

社員メッセージ 入社2年目座談会


1年経って変化したところ…筋肉がついたことかな。造形品が樹脂じゃなく金属の塊で、すごく重いから。


確かに、すごく重いもんね。その感じ、みんなには伝わりづらいのかも。
ぜひ時間を作って横浜工場に来てもらいたいって思う。


そうだね。自分が担当してる造形物を見れたっていうのは大きかった。
徐々に解ってきてるからこそ、原理をより理解できるというか。


250mm×250mmの大きさって実際どのくらいなのか、目で見ないと実感出来なかったりしたもんね。
実際見てみたら意外と小さいな、って言ってたことあったね。


うん、自分が理解してないとお客様に紹介はできないから、大事なことだと思う。


常に自分の周りは変化してるなって感じる。そんな中で、自分が一番変化していたいな、と思います。

 

 ― SOLIZE Productsは想像と違った?



3Dプリンターってすげーなって思ってたけど、何でも出来る、というものではないと解った。


3Dプリンターって、全自動…というか、ボタンを押せば出来上がるのかなと思ってた。
でも3Dプリント前も後も色んな工程があるのだと知った。
それと、意外と3Dプリント以外の事もやってるな、と思った。仕上げなどの後加工、3Dプリントしたものをマスターにして注型にするとか全然知らなかったなって。


入社当時ではなく最近の話しになってしまいますが、金属3Dプリントの開発の話なんですけど、今すごく盛況で、1週間に一度くらいのペースで新しい材料で造形してるんです。 そんなに頻繁に…ていう驚き。
樹脂(光造形粉末造形)だと社内で開発するイメージですが、金属の場合、お客様が試したいと持ち込んだ材料を、SOLIZE Productsで造形してる。


新しい材料はあるけど、3Dプリンターがなくて作れない、というお客様はたくさんいらして。
この材料で3Dプリントできるのか?というのをSOLIZE Productsで検討してるんだよね。

( SOLIZE Productsでは、3Dプリンター&技術者レンタルのサービスを提供しています。 <<< 詳細はこちら


1つの材料で1週間(で結果が出るの?)?


案件次第だけど、だいたい1週間くらいというのが多いかな。1つの材料を試したら3Dプリンターの中を掃除してまた次の材料を入れ替えて…っていうところまでをその中でやるから、忙しくて…。


入社直後の印象は「楽しく仕事が出来そうだな」でした。実際温かい人が多くて、常に支えてもらってるな、って思ってる。
自分はまだ未熟だけど、支えてくれる方々の背中を追って頑張っていきたいな、と思えることが成長に繋がる…というところで想像通りだった。


最初は3Dプリンターの会社というイメージでした。
ただ、入社してみると、色々とものづくりをやってることを知りました。
あとは、試作ってサンプル作って形状確認するぐらいかと思ってたら、性能評価等もやるのは想像と違いました。
お客様が求めている事と、我々ができるレベルで落としどころを探るのが難しいですね。

社員メッセージ 入社2年目座談会

  ― 新入社員へメッセージ


これから研修が始まるけど、僕らも一生懸命準備したから、頑張って欲しいなって思ってる。
それと、色んな方と積極的にコミュニケーションをとってほしい。
自分は6人の中で一番早く配属されて、そういう時間が短かったから、なおそう思うのかも。


研修で学ぶことは、新しいことばかりで苦労する事も多いと思うけど、その中でも、自分の意見だけでなく、客観的な、 お客様目線になって付加価値をどうつけられるか、…という考えを持って取り組んで欲しい。


1年目なので出来る様になる事が増えるのもそうだし、逆に出来ない事もどんどん出てくる。
僕も今もそうだけど、1年目は特にそう。 1年目は、出来るところは常に伸ばしていくようにして、出来ないところは一つずつ出来る様にしていけば良いのではないかと思います。
あとは、先輩方とのコミュニケーションはとっておいたほうがいい。いつ何時どこに配属されるかわからないし。
そして、ちゃんと食べてちゃんと寝てください。


新人研修は覚える事だけで大変な部分もあったし、わからないところは色んな人に質問して、自分なりに納得した上で吸収すると良い。 あとは、みんなも言ってる様に積極的にコミュニケーションとった方がいい。研修中でないとなかなか聞きづらい事もあるし、配属されてからも一緒に働く方々なので。


自分なりに、と言えば、研修期間中に自分らしさを出すのは難しいな、と思った時期があった。
教えられる事はたくさんあるけど、自分らしさも出していってほしい、という気持ちはあるかな。


色んな人とコミュニケーション取るのは大事。入社時はもちろんわからないことだらけだと思いますが、何年も勤めてる営業さんでも質問はたくさんある世界です。わからないことがあったら皆さん丁寧に教えてくださるし、質問はどんどんした方が良い。
その時思ってた事が今となっては逆に新鮮な事もあるので、その時々の気持ちを大切にしたら良いんじゃないかと思います。

業務する様になった今、やらなければならないことで精一杯で、考える事を忘れていたな、とふと気づいて。そんな中、今回、1年前の自分が考えていた事を、理想とか、思い出すきっかけがあって、今一度それに向かって頑張っていこうと思ったから。


メモを取ってください。社会人になると…まあ、僕の問題かもしれませんけど、とにかくインプットの量が凄まじ過ぎて、落ち着いて考える時間がなかなか取れなくなってくると思います。 なので、メモを取ってください。そうすれば思い出す時間が短くなって、 考える時間が取れると思います。

社員メッセージ 入社2年目座談会

社員メッセージ 入社2年目座談会

 ― 2018年の目標



売上達成


売上目標の達成。それと、考え方やお客様対応といった営業の基礎、土台を作る事。


1年目で学んだ事を発揮する。身の回りの事はどんどん一人で出来る様にする。三次元測定の習得。


売上目標達成するのと、あとは、頼られる人に成りたいです。


金属3Dプリンターのことなら何でも聞いてください、と言える様になりたい。


頼られる人に成りたい、というのは僕も一つの目標。
お客様や外部の方と関わる機会を大切にして、幅を広げたい。

 

SOLIZE Productsでは、2019年度の新卒採用も行っています

SOLIZE Productsは、3Dデータを使ったものづくりを日本に広めた会社です。
常に卓越したもの、先端的なものを追及したいと考える姿勢をもち、ものごとをあきらめずやり遂げる力のある人を求めています。


一緒に、チャレンジをしましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加