豊田工場製造部

豊田工場 第一製造部 製造二課 インタビューメンバー紹介]
人数が少ないので、皆さん幅広く担当しています。
鈴木 学:製造~総務まで工場全体の管理をしている / 野津 章:メインは粉末造形機の設備担当。ネットワーク関係と、光造形機も担当している。
原田 陽一:入社4年目。仕上げ、出荷担当。生産管理的な役割。 / 上野 貴浩:2016年8月入社。光造形機担当。造形段取り~洗浄~仕上げ~出荷まで携わっている。


他社との違い SOLIZE Productsの特徴



自分は前職でも3Dプリンタ関係に従事していましたが、SOLIZE Productsに入社してまず一番感じたのは
造形技術と品質の高さでした。
当初、以前の職場で製作したものと似たような形状のものを扱う事があって感じたことをよく覚えています。
SOLIZE Productsの方が断然仕上がりがきれいだったんです。

それと、再造形に対する考え方が全く違います。
以前は、破損したら接着すれば良い、という様な考え方でした。今は壊さないよう、丁寧に、丁寧に扱ってます。


前職で行っていた一例ですが、消失鋳造のマスター、これは作ってしまったら後はもう
ラインの様な流れになり、とてもシンプルな仕事でした。それに比べ、SOLIZE Productsはひとつひとつ
オーダーによって仕様が全然違うし、必要な場合は協力会社さんと密な連携をとる必要がある等、多種多様な仕事です。


どんなことに気をつけて仕事していますか?


豊田工場では基本的に、本社から3Dデータを受け取って3Dプリント、という流れなので、
本社の設計チームといかに密に情報共有できるか、をすごく気をつけています。


オーダー仕様書をもとに、3Dデータをよく確認する。
どんな要求からこの仕様書になったのかを考えながら仕上げ、品質管理をする。
お客様が何を望んでいるのかをしっかり理解し、特別な指示がなくてもきちんとしたものを納品する。


パラメーターの微調整による品質の差など、25年以上蓄積してきた設計ノウハウに判りやすい基準を設け、
マニュアル化できるよう、常日頃意識する。かなり難しいですが…(笑)


材料と要求品質にあわせパラメーターを調整する、収縮率やレーザーの条件を変えたりする
…それらの蓄積されたノウハウをどのように資料にして次の人へ伝えていくか大きな課題ですよね。
「形があれば良い」のではなく、品質・物性をしっかり出していくためには、実績を反映し改善していくことが大切。
その繰り返し、積み重ね…まさに積層造形ですね!(笑)

豊田工場製造部

やりがいは?


世に出る前のもの(試作品)に触れられる醍醐味。試行錯誤したものが漸く市場に出るという、その過程が魅力です。
設計者と切磋琢磨し、いかにより良いものをつくれるか。世の中に貢献しているという気持ちになります。

そしてそれは自分に返ってきます。例えば進化した車に乗れる、便利な製品が使えるようになるなど
つまり、世の中を豊かにする仕事なのだと誇りに思います。「試作」という価値は重要だと思っています。


単純に、ものをつくることが好きなので、「一品モノ」をつくる面白さに魅力を感じています。
色んなものを作って、その都度色んなやり方を考えるのが楽しいです。


入社時はSOLIZE Engineering在籍で、出向先が豊田工場、という形でした。
その後関東に戻り、解析グループというところに居たのですが、3Dデータの解析ってものづくりの工程の中のほんの一部で、
自分が解析したものが次にどう繋がっていくのかを知る由がなかったんですね。

SOLIZE Productsに来て一番いいなと感じたのが、3Dデータ受領~3Dデータ処理~3Dプリント~仕上げ・
加工~検査~納品…
と、全ての流れを把握できるところでした。
お客様の声を実感しやすいし、再分化された1つの仕事をするより面白味があって、自分には合ってると思います。


実際お客様に喜んでいただけて嬉しかったエピソードとかある?


展示会で、自分が携わったものが展示されているブースへ行き、その事を伝える前に「これ、かっこいいですね!」
と言ってみたら「そうなんです、すごくいいものができたんですよ!」と言われ、嬉しかったことがありました(笑)


3Dプリンタの仕事をしている、というだけで、業界外の人から見ると「なんかすごい」となるらしく、
「最先端の仕事してるんだね!」という反応が返ってきて、単純に嬉しかったりします(笑)


好きな工程



洗浄。長く携わってたから思い入れが強いというのが大きいかな。
これからも、より安全性の高い液体を使って従業員の体を壊さないよう配慮していきたいです。


鈴木さんと一緒に神奈川から愛知へ転勤になって、ふたりで光造形を立ち上げ、洗浄のやり方を大きく変えたということがあったので、 そういった意味で洗浄工程は思い入れが強いかもしれません。
それと最近は設備です。豊田工場で3Dプリンタの設備が出来る人は少ないので自分の責任が重い。重い分楽しいというのもあります。


もともとものづくりが好きだったので「成果の集大成」である仕上げには魅力を感じます。
3Dプリントというとどうしても「最先端技術」みたいなイメージだけど、
やっぱり最後は人の手によってより良いものが生み出されていくんだというところを極めていきたいです。


やっぱり仕上げです。上手く仕上げた時の満足感が好きです。


目標


従業員の安全を第一優先に、工場を大きくしていきたいです。


3Dプリンタのスペシャリストになることです。


豊田工場で出来る仕上げの範囲、スキルの底上げ。
マルチスキルを持つ人を増やし、対応力を上げていきたいです。


マルチスキルを身につけたいです。原田さんの仰る、少人数で大きな対応力の秘訣だと思うので。


新入社員へメッセージ・求める人物像



求める人物像としては、ポジティブな人。技術や知識は後からいくらでも付いてきます。
ノウハウや教えてくれる人は揃っているので、あとは本人次第。
ライン作業のような仕事ではないので、日々様々な問題も起きますが、それらを乗り越えていくためには
ポジティブであることが一番です。モノを作る喜びを一緒に分かち合いましょう!


現状維持で満足せず、常に改善することを考えられる様な人と働きたいです。


お客さまにより良い製品を納める事によって、製品が世に出回る事になり、より便利に、より安全に進化していきます。
自分や周りの人がいつかは良い思いをすることもあると思います。
良品をお客様に提供出来るように、一緒に頑張って行きましょう。


最初は覚えることが多く、自身のタスクをこなすことで精一杯だと思いますが、徐々に視野を広めていき、
自分の強み、ここだけは譲れないとう自分なりの正義を見つけられればと思います。


応募に関してのお問合せはこちらへお願いします

TEL:046-408-0121(経営企画部 総務課)/ MAIL:jinji.sp@solize-group.com


新たなエンジニアリングの創造 ー SOLIZE Products

SOLIZE Productsは、3Dデータを使ったものづくりを日本に広めた会社です。
常に卓越したもの、先端的なものを追及したいと考える姿勢をもち、ものごとをあきらめずやり遂げる力のある人を求めています。


一緒に、チャレンジをしましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加